2005年07月13日

タバコの注意書き、全種類コンプリート。

あー、タバコの注意書き、うぜー!
わかってるっちゅーんだよ!
(と、一服吸って、一休み……)


ところで、喫煙者のみなさん、これって何種類あるのかご存じ?
答えは全部で8種類。
それも必ず2種ずつ組み合わせになっていて、全部で4組あるのだ。
以下、コンプリートしました。

まず、1組目。愛称・肺がん。
(クリックすると、でっかくなります。嫌煙家は要注意!(笑))

tobacco01.jpg


2組目。愛称・心筋梗塞。

tobacco02.jpg


3組目。愛称・脳卒中。

tobacco03.jpg


最後の4組目がこれ。愛称・肺気腫。

tobacco04.jpg


それにしても、3組目(愛称・脳卒中)の右側! 
文章が短いからって、文字でかくすればいいってもんじゃないだろ!
変なところで改行してるし、デザインセンスないと思うなー。
自販機でコレが出てくると、つい「ハズレ」と言ってしまいます……。
つい、もう1個買いたくなるんだよなー(逆効果)。


あと、気になるのが「厚生労働省のホーム・ページ」というところ。
「ホームページ」じゃなくて「ホーム・ページ」なんですよ。
こんな表現、ほとんど初めて見たかも。読んでいて恥ずかしい……。
それに、こんな長いアドレス、誰が打ち込んでアクセスするかっつーの!

とにかく全体に、文章がこなれていないこと、この上なし。
何かの直訳なのかなあ。だとしたら、ヘタクソな訳だ。
どのタバコを見ても、同じ文章、同じ改行、同じフォントで、
厚生労働省が「とにかくこのとおりに載せろ!」と押しつけたんだろうなあ。
ああ、クソッタレお役所仕事……。

少し高くてもいいから、
このウザい文面が載っていない「クリーン・バージョン」を発売してくれないかなあ……。
posted by 杉山竜 at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
杉山さんこんにちは、帆波です。
凄いですねー。
肺ガンのやつはまだ私見たことがなくって、
ガンのやつはないのかなと思っていました。
しかし、何で財務省のホームページじゃないんでしょうね。
もしかして厚生労働省から広告費取ってたりして・・
Posted by 帆波 at 2005年07月14日 15:01
→帆波さん。こんばんは。

やっぱり肺ガンはありますよね。しかし8種類あると、
肺ガンが埋もれちゃってどうかとも思いますが。

>しかし、何で財務省のホームページじゃないんでしょうね。

うーん、この警告で税収が減ったら困るので、
むしろ財務省は「吸え!」という立場なのでは(笑)。
Posted by 杉山竜 at 2005年07月15日 01:30
竜さん、お久しぶりです。
ドイツでは、死亡広告のような黒枠で、印刷も黒々と(笑)。
「死に至ります」とか、「インポテンツになります」とか、かなり過激なものもありますよ。
しかし、日本のバージョンは、下手な翻訳文のような日本語ですね。
Posted by サチコ at 2005年07月30日 05:53
→サチコさん、こちらこそご無沙汰しております。
ひええ、ドイツの方は、デザインも表現もかなりキツイですねえ。
まだ日本の方はソフトですね。
うーん、これってお国柄なのかも。

しかしこの文章、WHOあたりから出ている文章を、
厚生労働省の、英語が不得意なお役人が、
ヒーコラ言いながら訳したような……そんな印象ですねえ。
Posted by 杉山竜 at 2005年08月01日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5039747

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。