2006年12月09日

業田良家氏の『自虐の詩』なんと映画化! その他業田情報2つ!

情報としてはちょっと鮮度悪いんですが、僕は今日知ったので……。

まずここを見て!

http://www.shochiku.co.jp/jigyaku/

川柳虎の皮選者でもおなじみ、我らが業田良家氏の傑作、
『自虐の詩』が、来年の秋に映画化決定!
幸恵役が中谷美紀さん、イサオ役が阿部寛さん。
一部情報によると幸恵の父さん役が西田敏行さんだとか(これは裏が取れてません)。
その他、あの熊本さんとか、配役は全く未発表なんですけど。
監督は『ケイゾク』『TRICK』で有名な堤幸彦さん。
うわー。たいへんなことになってきましたね。
ぜひ素敵な仕上がりになって、大ヒットしてほしいです。

それと絡めてなのか、
竹書房の『まんがくらぶ』12月4日発売号(1月号)にて、
『新・自虐の詩』が連載開始!

http://www.takeshobo.co.jp/html/shousai/osusume/zashi/club.html

まだ未読なのでわかんないんですが、
表紙絵からすると、イサオと幸恵の物語ではないようですね。
『百人物語』に出ていた「ガンさん」みたいですが……、
明日さっそく手に入れて、確認してみます。


そして、これは先月末ですが、
小学館『ビッグコミック』で連載し、先日大好評のうち連載を終了した、
『男の操』がついに単行本化、上巻が発刊されました!

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=409181025x

紅白歌合戦を目指す演歌歌手の悲哀を描いたギャグ&ペーソス、
という感じなのですが、
これがまあ、エンディングに向かうにつれて、
なんだか涙腺を刺激するような……、
『自虐の詩』や『詩人ケン』のような展開です。
上記どちらかが好きな方は必読ですよ!!!
上巻は発売中、下巻は今月下旬発売予定です!


そんなわけで、我らが業田さんがどんどんビッグになっていく感じで、
もう素直に嬉しいですねえ!
posted by 杉山竜 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳虎の皮情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29246481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。