2006年11月12日

朱雀門さん、「みんなの1句」2回目の殿堂入り!

万能川柳でもおなじみのヒットメーカー、朱雀門さんが、
当「みんなの1句」で2回目の入選50句を達成しました!

恒例の「殿堂入り」2回目のページをアップしています。

http://www.iris.dti.ne.jp/~s-ryu/enq/suzaku2.html




いつも鋭い定番の妻ネタ、犬ネタも絶好調ですね〜。
そして時事ネタも鋭い切り口で嬉しくなりますね。

恒例の、私の「今選んだらこの3句がイチオシ!」は、

●夢に出た妻はやっぱり食べていた

●伝言板残し無人になった駅

●蒼ざめて家出のポチが帰宅する

という感じです。明日選んだら変わるかもしれませんが……。

みなさんも、好きな1句、お気に入りの数句など、
どうぞご感想をお願いします!
posted by 杉山竜 at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | みんなの1句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2回目の殿堂入り、おめでとうございます!!

私は、朱雀門さんの張り手で頬を殴られたような
気持ちのする句が好きです。
朱雀門さんは弁慶のイメージですね。

★記憶に残る句です

◎ジャンボくじ外れ平和な年迎え

ヤラレタ!って感じですね

◎鶴彬ならばどう詠む自爆テロ

この句により鶴彬を知りました

◎トラックの牛と目が合う交差点

ドナドナの歌を思い出します

◎セックスの匂いはしない朝ドラマ

鋭い切り口です

今後もご活躍を期待しています。
Posted by 辰五郎 at 2006年11月13日 10:20
朱雀門さま、おめでとうございます。
何と言っても、絶妙な妻ネタに唸ります。

★思いっきり走らせてやる廃車前

★終盤になって土下座が板に付き

★トラックの牛と目が合う交差点

あえて妻ネタを外して、3句選びました。
Posted by 空夢 at 2006年11月13日 16:05
竜さん・辰五郎さま、空夢さま。
拙句への素敵なコメントありがとうございます。

竜さん、2回目の殿堂入りまで、忍耐強くワタクシメの句に目を通して頂いてありがとうございます。僕の駄句をボツにする時の竜さんの、苦笑が目に見えるようです。これからも覚悟をしてて下さいね(笑)

辰五郎さま、たしかにこの朱雀門、体型は弁慶かもしれません。なにしろ身長は182cm体重は90とンkgですから。
でも仰るような張り手で一発のような迫力のあるく句はなかなか詠めないものですね。
せめて「札束で一度ほっぺを張られたい」ものです(笑)

空夢さま。
コメントありがとうございます。
いいかげん妻ネタを卒業しなければと思いつつ、なかなか女房離れが出来ない困り者です。
身近のモノを五七五にしてしまう安易さからの脱却を、今後の課題にしなければと反省している昨今です。
妻ネタを外しての3句を選んで頂いてありがとうございます。
Posted by 朱雀門 at 2006年11月13日 21:14
>辰五郎さま、空夢さま。

お書き込み、ありがとうございます。
「トラックの牛と目が合う交差点」人気ですね〜。
交差点というところがリアルですよね。

>朱雀門さま。

いやいや、苦笑などしていませんよ〜。
秀句が多くて、ボツにするのが忍びないほどです。

>みなさま

まだまだ書き込みお待ちしております〜!
Posted by 杉山竜 at 2006年11月14日 23:46
この10日間、パソコンを開いていなくて、
たいへん遅くなりましたが、朱雀門さんの
二回目の堂殿入り、おめでとうございます。

★逝く間際ジャンボ当たった知らせ聞く

 今回の50句のなかでいちばん印象に
 残っています。そこまでいって、
 お金はいちばん大切なものでは
 ないということが確実に分かりますね。

★ノムさんをホッとさせてるタイガース

 時事句でもありますが、朱雀門さんが
 やっぱりタイガースファン、しかも
 バカ息子を思いやるタイプの虎ファンと
 知ることができました。

★思いっきり走らせてやる廃車前

 私の車も来年10年目なので実感沸きます。
 ただ、朱雀門さんの句は、すべて愛妻を
 詠まれたものであるという先入観が・・・

★記念樹が枯れずにあったフルムーン

 こういう世界を作られているのが
 うらやましいです。
  

Posted by 加藤まひと at 2006年11月25日 01:32
加藤まひとさま。
うれしいコメントありがとうございます。
竜さんに選んでいただいた50句を読み返して見ますと、我ながらウンこの句はと自惚れたり、反対によくぞ採ってもらったと冷や汗ものもありますが、まひとさんに選んで頂いた4句はボクにとっても自信作。お褒めの言葉嬉しい限りです。
ありがとうございました。
まひとさんも、殿堂入り間近ですね。
お待ちしております。
Posted by 朱雀門 at 2006年11月25日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27338198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。