2006年03月18日

山本桂馬さん、20人目の殿堂入り!

ポップドラゴン「みんなの1句」入選50句をお祝いする「殿堂入り」、
記念すべき通算20人目は、山本桂馬さんです。
その殿堂入りページはこちらです。

http://www.iris.dti.ne.jp/~s-ryu/enq/keima.html

個人的には、桂馬さんの魅力は
「切れ味の良さ」「省略のうまさ」かなと思っています。
特に、ババラッチさんと同様に、七七は絶妙ですね。
どの句もすばらしいのですが、
その中で特に「好きな句」3つを挙げてみますね。


死後硬直の早いせっかち

見せ合って知る同じ合鍵

揃えた靴も見える絶景


あ、全部七七になってしまいましたね。
みなさんも、好きな句を、1句でも5句でも結構ですので、
ぜひお書き込みください。
posted by 杉山竜 at 13:51| Comment(7) | TrackBack(0) | みんなの1句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桂馬さん

殿堂入りおめでとうございます!
桂馬さんは私のドラゴン初入選の前月に初入選
したことが記憶に残っており、勝手にライバル視
して注目していました。
たちまちの殿堂入りは超特急ですね。

妻ネタが多いといつも思っていましたが
今回数えたら12句ありました

50句の中の私の好きな句です。

○恋愛運をまだ見てる妻

○値札見た眼をもう一度絵に戻し

◎見せ合って知る同じ合鍵

○隣に勝った朝顔の数

桂馬さんは落語がお好きなのですかね、偶然
小噺的な句ばかりになりました
絵になる句が多いと思います。

今後も楽しい句を期待しています。
Posted by 辰五郎 at 2006年03月18日 20:16
桂馬さん、おめでとうございます。

桂馬というのはナナメ二つ前に進むという、
不思議な将棋の駒のことですよね。
桂馬さんの句にはそんな味がします。

★そういえば昨日が妻の誕生日

これはホラーですね。
普段と変わらない妻、
ふと気づいた妻の誕生日、
背筋が凍りつくような句です。

もう一句、

★好きですと書いてないかと読み返し

H句にはまってからできなくなった
ロマンチッ句なこの世界・・・
もう一度、戻りたいと思わせる句でした。

Posted by 空夢 at 2006年03月18日 22:08
山本桂馬さん、殿堂入りおめでとうございます。

切れ味鋭い句にいつも感心しております。
特に七七の句は、削ぎとって削ぎとってこれ以上削ぎとるところがないところで詠まれておられるような感じがしております。五七五は冗漫だとさえ思ってしまいそうです。

好きな句は、竜さんとダブリますが、

死後硬直の早いせっかち 
 この句には度肝を抜かれました。
 友を亡くした慟哭までが聞こえてくるようです。

揃えた靴も見える絶景
 さっきまで生きていた人が、今はもう死んでいるという厳然とした事実。
 風景が無機質にみえます。

まだ胃カメラが入る胃下垂 
 アハハと笑った後、胃にエグるような痛みを感じました。

12句の妻ネタから五七五の2句。

へそくりを妻のハタキが通り過ぎ

乗り込んだ妻が現場をニ枚撮り 


これからも、ドラマのある山本さんの句を楽しみにしております。
Posted by おっぺす at 2006年03月18日 22:25
山本桂馬さん、殿堂入りおめでとうございます。
空夢さんのご感想と同じく、まず最初に
柳名を拝見した時に、桂馬という将棋の
駒の名を柳名にされていることに感銘を
受けました。斜め前方に飛ぶ、この桂馬
という駒の動きや活躍が大好きです。
その味わいが堂殿入りの50句にありますね。
印象に残っているものは多いのですが
この場で3句だけあげると

また妻が何か言ってる怒ってる 

差し止めが必要だろう妻の口 

うっかり誉めてまたハンバーグ

奥様がたいへん多くの題材を提供されていますね。
Posted by 加藤まひと at 2006年03月19日 01:01
竜さん、辰五郎さん、空夢さん、おっぺすさん、まひとさん、コメントありがとうございます。七七の句は大好きですが、一般の句会ではまず取り上げてくれません。この欄は私にとって貴重な場です。死後硬直の句も十七音では、「生前もせっかちだったもう硬い」となるくらいでしょうか。妻の句が多いことも見透かされました。長年のことですから、いちいち腹を立てていては、桂馬の妻は勤まりません。フィクションと割り切っているようです。ただ一度異を唱えたことがありました。「この妻と五月みどりが同い年」の句を読んで、『私の方がひとつ若い。」と申しました。
Posted by 山本桂馬 at 2006年03月19日 17:09
桂馬さん、おめでとうございます。
桂馬さんの作品は、その先を
想像させてもらえるのでとても楽しいです。
ストライクゾーンのすれすれの球がいいですね。
これからも楽しみにしています。

どの作品も好きですが、特に私好みなのは
 
御意見は分かるが唾が掛かります 
もうあんたには頼まない鍋
まだ胃カメラが入る胃下垂 
好きですと書いてないかと読み返し 
死後硬直の早いせっかち 
そういえば昨日が妻の誕生日 

です。
Posted by 帆波 at 2006年03月19日 21:22
みなさん、コメントありがとうございました!
そうそう、妻ネタが多いのも桂馬さんの特徴ですよね。

>ただ一度異を唱えたことがありました。
>「この妻と五月みどりが同い年」の句を読んで、
>『私の方がひとつ若い。」と申しました。

あはは、細かくチェックされてるんですねえ。
それ以外はOKだということは、仲がいいのですね。
うーん、これからも安心して採用できます(笑)。
Posted by 杉山竜 at 2006年03月22日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15024460

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。