2009年05月04日

仲畑貴志氏、「ぬまづ文芸」選者に! 6月より川柳募集!

静岡県沼津市で、毎年秋に行われる「沼津市芸術祭」
その中の「文芸部門」(『ぬまづ文芸』)は、俳句・短歌・川柳などについて、
全国からの応募を募り、それらの作品を全国的に有名な選者によって選を行う、
30年以上の伝統がある公募です。

その川柳部門の選者は、昨年までは朝日川柳の選者を
長年行っていた大伴閑人氏(※現在は故人)でしたが、
今年から、毎日新聞・万能川柳選者でもある我らが仲畑貴志氏
務めることになりました!

募集要項は、こちらです。(ワードまたはPDF)。

ごらんになっていただければわかりますが、以下の点が他の公募と
大きく違いますのでご注意ください。


●応募料は1点につき1,000円が必要です
 (実質、『ぬまづ文芸』の誌代と考えてください)

●応募は1人1句。ただし俳句、短歌、川柳それぞれ出しても可。

●応募は原稿用紙を使用します。当然、郵送のみです。

●応募期間は6月1日(月)〜7月31日(金)(当日消印有効)。


というわけです。

よくある企業川柳の公募と違って敷居が高いですが、
逆に権威があり、格調高い公募です。
(公募っていう呼称でいいのかよくわかんないですが。)

ここ何年か、川柳は、俳句や短歌に比べて応募数が少なかったようです。
選者が新しく(若く!)なる今回から、質・量ともにグンとアップした!と
言われる結果に是非したい……と、個人的には考えております。

こちらをごらんになっている川柳作家の皆さん!
ふるって、力作のご投句を〜! よろしくお願いします!!

posted by 杉山竜 at 11:23| Comment(0) | 万能川柳情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。